TOPICS

「人が過ごす空間を快適に」自分らしい車内カスタムとは

コロナ禍の影響により車での移動が圧倒的に増えたことで、車内で過ごす時間の大切さを実感した人が多いのではないか。
運転しながら一人で考え事をしたり、窓を開け、運転席と助手席のわずかなソーシャルディスタンスを保ちながら、
友人と世間話をする。趣味である大切なアウトドアのギアを運ぶ・・・"車の中"というだけで、過ごし方や使い方は人それぞれ違う。
しかし「人が過ごす空間」ということは同じではないだろうか。自分が快適に過ごせることはもちろん、
他人も同じように過ごせる車内こそ、自分らしい「車の中」なのではないか。そんなことを考えているときに、
殺風景な自分の車の車内が頭に浮かんだ。改造やフルカスタムはハードルが高いが、自分の気分が上がるデザインと
快適な機能性を持ったアイテムを探し、行き着いたのがGORDON MILLERのコーデュラシリーズだった。
ブランドが別注のコーデュラファブリックを使用したアイテムは、見た目のカスタムというよりも、
人が過ごす空間をつくりあげるための「機能」をもたらしてくれた。

 
 

信頼のコーデュラで、車も心もタフに


コーデュラと聞いてぼんやりと「大事なモノを入れるためのタフな素材」といったところが浮かび上がってきた。
実際にこの素材は高い耐久性と撥水性を誇る機能性と幅広い汎用性を持っており、これを車内にカスタムができる
アイテムに落とし込んでいるのが、GORDON MILLERが提案するカーインテリアシリーズになる。
ただのコットンやポリエステルでも使えないことはないが、どうしても劣化が早かったり、
車の中で使用するにはしっくりこない。コーデュラであれば、乗り降りの際に傘や雨具、趣味のギアが擦れても安心。
車も自分も強くなった気にさせてくれる。そんな信頼できる素材だ。

 

写真の商品 : GORDON MILLER コーデュラ ティッシュケース ¥1,980(税込)

 

 

詳細を見る

 

車内こそホスピタリティ


 

車に誰かを乗せていると「ティッシュある?」と聞かれることが多い気がする。あってもすぐに取り出せないと、
その人にとってはもう遅いのかもしれない。GORDON MILLERの「コーデュラ ティッシュケース」は
リアシートからも一目瞭然の存在感。「ご自由にお使いください」の気持ちで装着できるし、
もちろんタフな素材なので乗り降りの際も気にしないで済む。
さらに、フックの取り付け位置を変えることで、縦と横どちらでも装着することが可能。
「縦より横の方がとりやすいのかな」と自分を迷わせる嬉しい機能に「ご自由にお使いください」という言葉が返ってきた気がした。
どちらかに落ち着くまでは、もう少しこの悩みを楽しみたいと思う。

 

写真の商品 : GORDON MILLER コーデュラ サイドポケット ¥1,890(税込)

 

 

詳細を見る

 

 

携帯や財布は、常に手の届くところへ


 

車のシート横の隙間に何かが落ちた音がする。おそらく携帯だろう。。。そんなことを考えるのに慣れている自分にある日気づいた。
「これではいけない」と思い、財布とケータイはサコッシュやカバンにに入れるなどの対策をとってはみたが、
頻繁に取り出すものは結局運転しながら助手席にポイなのだ。どうしたものかと色々探してみたが、やはり自分の好きなデザインが見つからない。
そんなときにGORDON MILLERの「コーデュラ サイドポケット」を見つけた。コレなら色々なものが吸い込まれるブラックホールのような
隙間を有効活用しながら、片手でも出し入れがしやすい位置につけることができる。面ファスナーには粘着テープがついているので、
装着に手こずる心配もない。さらにこのサイドポケットは本体をそのまま取り外して、ミニポーチとして
持ち運ぶことができる便利な機能までついてくる。もう誰かに拾わせることもないし、
だれかに落ちたよ、と言われない、そんな車内にしてくれるアイテムになっている。

 

GORDON MILLERコーデュラを使用した商品をピックアップ

 

その他のコーデュラを使用した商品はこちらから

 

 

写真の商品 : GORDON MILLER コーデュラ 2ウェイ ラゲッジシート ¥3,800(税込)

 

 

詳細を見る

 

大切なものを置いておきたくなる場所


 

カスタムをすすめるうちに、ふとラゲッジはカスタムの必要があるのか考えてみた。振り返ると自分の趣味のギアだったり、
キャリーケースだったり、サプライズ用の花束だったり。。。ここは割と大切なものを置くスペースだったのかもしれない。
ときにはサーフィンやキャンプなど、男のロマンとも言える趣味を思いっきり楽しむためのドレッサー的役割にもなったりする。
それならば文字通り全てをカバーできるGORDON MILLERのラゲッジシートを敷いてしまおう。
撥水性もあるコーデュラなら、濡れた物にもしっかり対応してくれる。車のことは何も考えなくていい、それだけで遊びに全力投球できる。

 

まとめ


 

"同乗する人も快適に過ごせる空間"そんな自分にとっての理想の車内に近づけてくれるGORDON MILLERのコーデュラシリーズ。
タフで撥水性のある素材は、結果として車の使用頻度がヘビー級な自分のライフスタイルに合っていたに違いない。
もちろんレジャーやキャンプなど、アクティブな趣味のシーンに限らず、何気ない日常でも活躍してくれるため、
頻繁に着せ替えることのないカーインテリアとしても迷いなくチョイスできる。また今日も誰かを車に乗せて、充実した時間をシェアしたい。


文 : 山田 昭一

 

 

その他のコラムはこちらから

 

 

 

その他のコーデュラ関連トピックスはこちらから

 

TOPICSのアーカイブはこちらから

 

SHOP LIST

  • JACK&MARIE 横浜ランドマークプラザ 横浜市西区みなとみらい2-2-1
    ランドマークプラザ 2F
    MON-SUN/11:00∼20:00
    Tel.045-662-6678
  • JACK&MARIE グランベリーパーク,南町田 東京都町田市鶴間3-4-1
    グランベリーパーク
    MON-SUN/10:00∼20:00
    Tel.042-796-0101
  • JACK&MARIE ららぽーと名古屋みなとアクルス 愛知県名古屋市港区港明2-3-2
    ららぽーと名古屋
    みなとアクルス 1F
    MON-SUN/10:00∼21:00
    Tel.052-651-7773